ロゴマークのデザインを作る際の注意点

HOME » ロゴマークをつくるには » ロゴマークのデザインを作る際の注意点

ロゴマークのデザインを作る際の注意点

ロゴマークのデザインを制作する時には、いくつかの注意点があります。
単純にデザインするだけでは、ロゴにインパクトが備わりませんので、今から説明することに気をつけて制作をしてみてください。

まず一つ目の注意点として挙げられるのは、シンプルなロゴデザインにするということです。
あまり複雑なデザインにすると、かえって人の印象に残りにくいという現象が起こります。
有名企業のロゴを見ると分かるように、どこもデザインはシンプルでいて、それなのにオリジナリティがあります。

次は流行に乗らないということです。
一見すると、流行に乗るということは、注目度を集めやすくいいことのように思われますが、ロゴデザインは、できる限り長い間、人の記憶に残り続ける物であった方がいいです。
流行りすたりのデザインを採用してしまうと、ブランド化するのは非常に難しくなってしまうでしょう。

次は、色々なグッズなどに、転用できるデザインにするということです。
これから売り出そうとする商品は、ひとつだけではないでしょう。
今後、事業を継続していく間に、色々な商品を開発して、世の中に広めようとするのは企業としての基本的なあり方です。
新しく開発された商品に、ブランド化されたロゴを転用できるよう、デザインを考えておかなければなりません。
Aの商品には使えるけど、Bの商品には使えない……ということになると、会社のブランドとして統一できないことになります。

最後は、制作したロゴデザインが、企業の事業イメージにマッチしているかどうかです。
企業イメージにマッチされていないロゴデザインは、違和感しか感じられません。
そのデザインを人の記憶に残すためには、企業イメージを彷彿させやすいようなデザインにする必要があるでしょう。
例えば、飲食店を営む企業のロゴデザインが、 建築業の会社のロゴデザインだと、ミスマッチにもほどがあります。
そうならないよう、事業内容にふさわしいデザインを考えて制作しないといけません。

このような点に注意してロゴデザインを作るためには、自分で作るよりもプロにお願いしたほうがいいでしょう。
プロにお願いすればコンセプトがしっかりと定まったロゴデザインを、作ってもらうことができます。
ロゴデザインを制作するプロとは、いわゆる制作会社のことで、そこに依頼すれば、ロゴデザインのコンセプトから考えてくれます。
印象に残るロゴを作るためには、ある程度のお金を掛けた方が、ブランディングしやすく後々メリットが大きいです。
ロゴデザインの制作を考えている人は、色々な制作会社にあたってみてください。