現像

今ではプロカメラマンも当たり前のデジタル化ですが

急ぎの仕事でカメラマンに撮影最中に

現時点で撮れているデータをもらえないか質問すると

「現像がまだなのでお渡しできません」と断られたりします。

デジタルで「現像?」と最初のうちは戸惑いましたが

詳しい内容は分かりませんが、段階露出データを選別して

色調整やライティングの後処理などを行うことを

今では現像と言いその工程が済まないと納品とならないのでしょうね。

デザインや印刷もそうですが古くから使われている

言葉がやはり使いやすいのですね。

 

 

カテゴリー: Photography   パーマリンク

コメントを残す