増刷

印刷が完了して納品後、印刷部数が足りなくなり追加印刷することを

「増刷」といいます。以前の印刷工程では画像処理や色調整は

印刷所の製版部門が行いながら労力をかけて4色のフィルムを仕上げて

印刷機械に回し刷るのですが、増刷時には製版作業が無いため保存しておいた

フィルムを印刷機械に入れるだけなのでコストも下がりました。

今ではデジタル化されてフィルムが無く

増刷でも印刷費用は初回と同じになります。

以前のような労力がかかる製版が無くなった分、

印刷会社の初回の料金も年々下がっているのです。

どの業界でも時代と共にデジタルが進み

作業効率も大幅に改善されていますね。

 

でもよくよく考えるとデザイナーは画像処理や色調整で以前より

労力は増えているような・・・気が。

 

 

カテゴリー: 印刷   パーマリンク

コメントを残す