新商品の撮影

先週某釣具メーカー様の撮影を弊社スタジオにて撮り終えました。

毎年撮影で思うのは、釣具の進化です。自分も釣りをするのですが、

理論的には竿と糸巻きが基本です。進化しようがないと思われるのですが毎年進化します。

今回はビギナー様向けに、竿先が折れない穂先でした。もうリリースになっているので

ブログに書かせていただいております。

撮影時に穂先部分を360度折り曲げても折れないカットを撮りました。

釣りをされる方であれば、この状態がいかに見たくない状態だと言うことが

おわかりになると思います。

メーカーの方にお伺いすると、「360度よりも720度でいきますか?」とのこと。

一度720度をセッティングしましたが、何が何だかわからないカットになってしまい

360度で撮影をしました。0.2mm程度の穂先が見たこともない状態に!

それでも、自分みたいな素人はとても重宝な穂先ですが、この釣りをされているベテランの方達は

見向きもされないようです。

この折れない穂先にはチタンの芯が入っており、その反発力で元に戻る原理です。

重さもほとんど一緒で、曲がりもほとんど一緒ですが、フィーリングといった面では

少し違います。やはり人間は数字だけではなく、第六感のような感覚を持っているのが

わかります。

カタログデザインを制作している時でもこの第六感を感じるときがあります。

クライアント様が精魂込めて作った商品をカタログやWebでデザインする時には

やはりできるだけリスニングを行い、クライアント様の要望を100%+第六感で

デザインしたいと思っております。

カテゴリー: Photography   パーマリンク

コメントを残す