桜の開花宣言

桜の開花宣言が発表された日に、はじめて皇居の中に行ってみました。
皇居の中は無料でどなたにでも見学できるようになっています。
見学者は、ほぼ外国の観光の方達が来ていて、
日本人はほとんど見受けられませんでした。
日本人の方は外国の観光客さん達を案内している方でした。
大手町から入門するときに簡単なセキュリティーチェックをして入りました。
入門すぐに開けた庭園が開けております。
日本人なのに初めて見る庭園風景に感動し、中に進むとすぐに石垣が見えてきます。
それは多分江戸城の石垣です。
石垣は綺麗にメンテナンスがされており、建物のかけらもありませんが
そこにたっていたであろう江戸城の大きさは容易に想像がつきます。
今では大きなビルが乱立する中、大きさでは今のビルのほうが大きいのでしょう。
しかし江戸時代では長屋の大きさに庶民が住まい、4畳だの3畳だので暮らしていた
江戸時代の人は、江戸城の大きさと来たら東京ドームに徳川が住んでいた
感覚なのでしょう。
歩いていると外国の方達が感嘆の叫びで感情を顕わにされています。
日本人の自分でも日本の建築物の優美さを忘れていました。
是非皆さんも機会があれば行ってみると楽しいかもしれません。

カテゴリー: カタログ・パンフレット作成   パーマリンク

コメントを残す