高価な大根

今週初めに堀留町で「べったら市」が開催されました。
時間が合えば毎年行くようにしています。
このべったら市は、べったらの店舗が10%ぐらいで、
あとは変わった模擬店で埋め尽くされます。
今では懐かしい射的やロープ釣りなど、めったにお目にかからない
レアな模擬店まで出店されます。
今年は月曜日と火曜日ということもあり、近くのサラリーマンで
歩くこともままならないほど、人で埋め尽くされておりました。
自分の目的は、べったら漬けの皮有りバージョン。
ここでしか買えないレアなものです。しかし、大根半分で800円。1本だと1500円。
この皮付きは数量が限られているのですぐに売り切れてしまいます。
お店の人に聞いてみるとこの皮付きは、皮があるため漬かりづらく
とても手間暇がかかるそうです。
しかし、1店舗だけ町内会でこの皮付きのべったらを販売しているところがあります。
なんと500円。1本でも1000円。
この店舗は路地裏にあり、地元の人しかわからないところにありますので
いつもここで買うようにしています。(半分ですが・・・)
今年もお世話になり、他のお店では試食をごちそうになり、
買ったべったらは家でじっくり楽しんでいます。
毎年の事ですが、当然周囲はゴミの山です。ゴミ箱がないため周辺の自販機そばの
ゴミ箱に押し込まれ、あふれかえっている状態です。
このゴミは誰が回収するのでしょうか?
初めからゴミ箱を設置しておけば、ゴミを拾い回る必要がなくなると思うのですが
ゴミ箱はありません。なんとかできないのでしょうか?
毎年楽しみにしているのですが、このことだけは心配になります。

カテゴリー: 出来事   パーマリンク

コメントを残す