1日に3秒遅れる電波時計

以前リビングに時計がないのを友人に指摘され、時計を探しに量販店に出かけました。
時計コーナーで探すとちょうど良い大きさの物、納得できる価格の物がなく、
急ぎではないので、またの機会にしていました。
すると、大手スーパーマーケットでちょうど良い大きさの時計が「処分品」として
800円で売られていました。それも「電波時計」。
デザインどうのこうのより800円というプライスに惹かれ即買いをしてしまいました。
自宅に帰り早速開封し、マジマジと眺めてみると電波時計、温度、湿度計、
カレンダー、アラーム、熱中症警報など多彩な機能もついていました。
なかなか衝動買いをして成功しない自分だからこそ満足していました。
早速、電池を入れ電波受信ボタンを押すと1分ぐらいで正確な時刻を刻みはじめました。
昔、中学の入学祝いで両親に腕時計を買ってもらい、授業が終わるチャイムを
秒単位でカウントダウンしていた頃のことが思い出されます。
使って2日目のこと、テレビ番組の始まる時間が少しずれていたのですが
デジタル放送の特性だと、テレビのせいにしてあまり気にしていませんでした。
使って7日目、時間が完全に遅れています。スマホで確認すると24秒の遅れです。
「電波時計なのに?」「100円ショップの時計でもこんなに狂わないよね!」
「砂時計かよ!」などいろいろな声が出ましたが、所詮800円。
でも反対に「電波時計なのにこんなに狂う時計」って少し楽しい気分になりました。
不便を感じれば、電波受信ボタンを押せばいいのです。

カテゴリー: カタログ・パンフレット作成   パーマリンク

コメントを残す