外国領域

仕事で外航貨物船の撮影をしました。

乗船許可証を提出して港に入り

貨物船の外観やコンテナの船積みや作業員の作業風景などの撮影です。

 

港に入りクライアントの方や港湾係員の方と

雑談しながら分かってきたのですが

その船の乗組員は基本的には日本には上陸せずに

また次の国に向かいます。

船も入国手続きはせずにまた次の国に出発します。

ということは船に乗船することは日本ではなく

外国領域になるのです。

 

操縦室で船長の撮影の際にコックさんが我々のために

お菓子とペットボトルに入った飲料を用意していただきまして

ペットボトルの飲料を1/3くらい飲んだくらいで

別の撮影場所に移動になったのですが

日本から乗船したスタッフ全員がある一ヵ所に

ペットボトルを集めて置いて操縦室を後にしました。

 

係員の方から「ここは外国領域なのでペットボトル1本でも

持って下船し日本領域に戻ることは出来ないのです」と

にこやかに話されました。

 

なるほど・・・

ではお腹に入った飲料はどうなんだろうか???

 

などと考えながら楽しい外国領域の体験をさせていただきました。

 

 

 

カテゴリー: 会社案内作成   パーマリンク

コメントを残す